延べ床面積、使用塗料別の相場データ

各延べ床面積ごとの相場ページでは、使用塗料別、施工部位別に細かく価格相場を掲載しています。これを見るだけで、大体の施工金額がわかります。


また、相場だけではなく、塗装をした利用者の感想や施工金額、業者を選ぶポイントなど、生の体験を写真付きで掲載しています。


大都市など住宅密集地に多い20坪台の住宅。当サイトの施工事例では、この規模の施工事例が2番目に多いです。


全国的に一番多い30坪台の住宅。チラシやネット広告でもこの規模をターゲットに書かれる場合が多い。


当サイトの施工事例では、この40坪台の施工事例が3番目に多いです。


戸建て住宅としては、かなり大きい50坪台の住宅。3階建てが多くありました。


普通の一戸建てだとあまりないくらい大きい60坪台の建物。二世帯住宅、集合住宅などの場合が多いです。


アルミサッシ、雨戸、雨樋、軒天などの部分的な補修の価格相場です。

【延べ床面積別】外壁塗装の価格相場 ~482棟の実例から本当の相場を公開~

30坪の費用相場が分かったとしても油断はできない?

30坪のお家の費用相場が分かったとしても、まだ安心はできません。


相場はあくまでも一般的にかかるお金なので、相場よりも高くなったり少なくなったりする事もありますが、相場よりも30〜40万以上高かった場合は、何か余分な費用が入っている可能性があるのと、逆に安すぎる場合は、必要な工事内容が入っていない可能性もあります。

外壁塗装も屋根塗装も、きちんとした工程・工期を必要とし、これらのルールを守った上でないとスグに剥がれる塗装になり、相場の範囲であれば工程・工期も安心できるレベルのものとなります。
※相場と近い金額で見積もりを出された場合は、塗装の工程・工期がきちんと守られているとも言えます。

しかし、塗装の工程・工期を守らない悪徳業者は、以下のような手抜きを行います。

正しい施工については、外壁塗装は工程と期間のルールを守る事で失敗しない!で詳しく書いているので、こちらも見てもらえると嬉しいです。

見積もりを受け取ったら、まず相場からどれくらい離れているのかを確認して、もし高いと感じた場合は業者に対して「どんな工事をしますか?」と詳しい工事内容を聞いてみましょう。


話を聞いてみて、不安な事が一つでもあったら、そのまま進めていくのは危険な可能性もあるため、別の業者にも話を聞いていただくのがオススメです。

これが知りたかった!外壁塗装工事で30坪の費用相場を徹底解説

30坪だからと言ってどの業者も見積もりの費用が同じにならない?

例えば30坪の建物を、A社・B社・C社の3社に外壁塗装の見積もりをしてもらったとしても、全て同じ金額にはなりません。


これは、外壁塗装においては定価が存在しておらず、塗装業者ごとで値段の設定ができるからです。


塗装の材料の仕入れがうまい業者は、その分費用を安くできますし、ベテランの給料の高い職人さんを複数使う業者はその分人件費で高くなったりもします。


塗装業者のそれぞれの経営状況や組織状況によっても、算出される費用が異なるのですが、複数の業者から見積もりを取ることで、あなたのお家を直すために、本当に必要な費用目安が分かるようになります。


そのため、あなたの家の修繕費の目安を確認するためにも、1社ではなく最低2~3社に見積もりをしてもらうことが重要なんです。


見積もり費用は、どの業者も計算する金額が違うので、条件が同じでも同じにはならないと覚えておいてほしいです。

これが知りたかった!外壁塗装工事で30坪の費用相場を徹底解説

あなたのお家だけの費用相場が存在する事

インターネットには費用相場を確認するサービスがありますが、これはあくまでも一般的な状況において相場として出されている金額になります。

私たちも費用の相場チェックサービスがありますが、こちらも一般的な費用相場のお伝えしかできません。

先ほど私と一緒に見てきたように、同じ30坪だったとしても建物の環境や状況はお家ごと全く異なるので、どのお家も外壁塗装にかかる費用は変わってきます。


そのため、一般的な相場はあなたのお家に当てはめられない場合もあります。


本当にあなたのお家でかかる外壁塗装の費用というのは、外壁塗装の業者さんに現地調査(建物の診断)をしてもらって、工事プランと工事費用が書いてある見積書を受け取るまで分からないんです。


そして、あなたのお家だけの費用相場は、優良な地元密着業者2〜3社から受け取った見積書を平均すると出せることができます。


一般的な相場は悪徳業者のふざけた見積書を見破るための情報として持っておき、実際に優良な地域密着の2〜3社から見積もりを受け取って、あなたのお家だけの費用相場を出すことが大事です。

これが知りたかった!外壁塗装工事で30坪の費用相場を徹底解説

ネット上の費用シミュレーションを信じてはいけないという事

インターネット上には、外壁塗装の費用をシミュレーションできるサービスがありますが、私はあまりオススメすることができません。


「どのくらいの費用がかかるのか」と言った大まかな費用としてであればいいのですが、建物の状況をしっかりと隅々まで見ずに工事プランや工事費用を出すことは不可能です。

同じ30坪の建物でも、環境や状況が違えば費用は変わってくる事を先ほど私と一緒に見てきましたが、この考え方と同じです。

インターネット上のシミュレーションでいくら費用を計算したとしても、実際の診断とシミュレーションでは正確さが天と地ほどくらいの差が出てきます。


また、シミュレーションで費用を出して、その費用で工事を請け負ってくれる業者がいたとしても、実際を見て費用を算出しているわけではないので、必ず見落としがあり、それを誤魔化すために手抜きや不正が行われる確率が高くなります。


シミュレーションはあくまでも目安として考えていただき、実際に現地調査をしてもらって、建物を隅々まで調査・診断をしてもらった上で出してもらえる費用の方を、信頼してもらえればと思います。

これが知りたかった!外壁塗装工事で30坪の費用相場を徹底解説

塗装パックなどパッケージ販売しているところは選んではいけないという事

外壁塗装業者の中には「塗装パック、コミコミ60万!」とこのように、外壁塗装をパッケージ化して販売しているところもあります。


塗装工事をパッケージ化していると、塗装業者側としては売りやすかったり、塗料の在庫なども把握しやすくなるため、管理コストを削減することができます。


しかし、お客様側にとっては、メリットよりもデメリットの方が多くあります。


パッケージ、つまりあらかじめ決められた塗料で、決められた工事範囲しかやってもらえないことが多いので、本当にあなたのお家に必要な塗装工事の抜け漏れが発生する場合も。


また、パッケージ内であればいいですが、パッケージ外のことが出てきた場合、追加工事が発生したり、追加があったとしてもパッケージ内で収めようとすると、塗料を薄めたり手抜きや不正が起こる可能性が高まります。


外壁塗装というのは、完全なオーダーメイドで工事費用を出す必要があるものなので、そもそもパッケージ化できない業界なんです。


もしパッケージで勧められて、たとえ安かったとしても、後々トラブルや追加工事の発生があるので、きっぱりとお断りをしましょう。

これが知りたかった!外壁塗装工事で30坪の費用相場を徹底解説

計算式2:足場の面積

計算式2:

外壁塗装に欠かせないのが足場の面積ですが、足場は外周周りに組み立てる必要があるので、外壁面積よりも大きめに設定しなければいけません。


計算式
外壁面積 × 1.3倍=足場の面積










外壁の面積 係数 足場の面積
118.8㎡ 1.3 154.44㎡

中には、このページで紹介させてもらっている費用相場の事例と同じく、外壁面積と同じ面積で足場を計算する場合もあります。


しかし、外壁の周りギリギリに足場を建てる事は難しいので、実際は外壁面積よりも少し広く計算して、足場の面積を算出します。

これが知りたかった!外壁塗装工事で30坪の費用相場を徹底解説

外壁塗装の相場がわかったら試しに見積もりを取ってみよう

外壁塗装の見積もりをする場合は、以下の3つのポイントに気をつけながら進めていただくのがオススメです。


まず最初に、「希望予算を伝えてはいけないの?」と思うかもしれませんが、予算を先に伝えてしまうと、それに合わせて塗装業者が無理に値段を下げたりすることで、失敗する可能性もでてきます。


また、予算を伝えてしまったことで業者側の提案の幅もせばまってしまうので、見積もりの質が下がる場合があるんです。


他にも、「塗装スケジュールを短くしてくれ」と伝えてしまうと、本来やるべきはずの塗装工程を省いたり、塗料の乾燥時間を短くしたりすることで、失敗する外壁塗装にもなってしまいます。


見積もりを取る段階では、外壁塗装業者に無理なお願いはしないのが失敗しない方法でもあり、30坪の建物で見積もりを取った後に、あなたが思っている予算に近づけていったり、交渉していくのがオススメです。


外壁塗装をするための見積もりについて、あなたに知っておいてほしい情報が他にもいくつかあるので、ご紹介をさせてください。

これが知りたかった!外壁塗装工事で30坪の費用相場を徹底解説

材料や塗料の種類など細かく書いてあるか

見積書の内容が、実際に行われる塗装工事の内容になるのですが、どんな塗料を使うのか・どんな道具を使うのかなども、見積書に細かく書かれるべきものとなります。


このような見積書を出す業者であれば、非常に優秀だと言えますが、見積書の内容が細かいだけではまだ安心はできません。


実は、見積書では「シリコン」を使うと書いてあるのに、実際の工事で使われている塗料の缶を見ると「ウレタン」と書いてある。


こういった不正が起きやすいので、見積書に塗料の名前やメーカーが書いてあることは当たり前だと思ってもらえればと思います。


見積書というものは、あなたと塗装業者との約束でもあります。


そのため、本当にあなたが信頼できると思った業者へ塗装を頼んでほしいです。

優良業者が出す見積もり例としてこちらの見積もりをご確認頂ければと思います。

これが知りたかった!外壁塗装工事で30坪の費用相場を徹底解説

30坪の外壁塗装工事の費用を正確に出してもらうには何が必要?

外壁塗装工事の費用を、本当に適正で正確に出してもらうには、どの業者に頼んでも出てくるといった事はありません。


あなたが、塗装工事の費用を適正で正確に出してもらいたいと思っているのであれば、以下のポイント覚えておいて欲しいです。


優良業者を選ぶという事は、まず大前提としてありますが、現地調査も30坪の建物をじっくり見て調査するには1時間以上は普通にかかります。


また、すぐに安さで契約を迫ろうとする業者は、自分たちの技術に自身がないからこそ、安さのアピールばかりをしてきます。


本当に良い業者というのは、安さではなく、自分たちがどれくらい信頼できる業者かといった、お客様との信頼関係をきっちりと結ぶやり方で進めてくれます。


あなたの塗装工事が失敗しないよう、これらの重要なポイントを抑えた上で、業者選びをしてほしいです。

これが知りたかった!外壁塗装工事で30坪の費用相場を徹底解説

初めての外壁塗装は、悪徳業者を選んでしまいやすい?

あなたが初めて外壁塗装をしようと考えいる場合、すでに悪徳業者を選んでしまいやすい状況が作られてしまっています。


外壁塗装が初めてだと、金額の安さだけで選んでしまう、1社しか見積もりを頼まない、こう言った場合になりやすいので、悪徳業者の思うようにされてしまうんです。


実は、外壁塗装はリフォーム工事の中でもトップクラスにトラブルが多い業界なのは知っていましたか?

消費者センターによると、2011年度は13,497件もの相談を受けているので、1日に36名の方は消費者センターに毎日相談していた結果となっています。

他にも相談センターが多数あるので、消費者センターによせられている相談は氷山の一角。


年間何万人といった方がトラブルで悲しい思いをしているので、あなたはご家族のためにも、なんとかしてトラブルを避けたり悪徳業者を選ばないために、以下の情報を活用して頂けると嬉しいです。

これが知りたかった!外壁塗装工事で30坪の費用相場を徹底解説

ポイント2:10万以上の値下げを行わない

ポイント2:

外壁塗装というのは、実際の工事現場をお客様側で見る機会が少ないのと、知識がとても多く必要な工事なので、あなたと外壁塗装業者の間には最初から知識の差がかなりあると思っておきましょう。


その中で、塗料というのは水やシンナーで薄めて伸ばして使うものなので、薄めれば薄めるほど塗料の量が少なくて済むので、利益が出しやすいんです。


このような状況のため、必要以上に値引きをしても塗料を薄めたり手抜き工事をすれば、簡単に値下げができてしまいます。


しかし、優良な業者は手抜きや不正を行わず、適切な工事をするために適正な費用を最初から出してくれるため、そもそもその金額から値引きをする事はできないんです。


10万円が限度だとして、それ以上の値引きを簡単に行うような業者は、悪さしかしませんので、絶対に選んではいけません。

これが知りたかった!外壁塗装工事で30坪の費用相場を徹底解説

30坪の外壁塗装工事のお金についてのまとめ

外壁塗装の業界は「一番手抜きがされやすい」と言われるほど、お客様側ではなく業者側に有利な状況が揃っているのを知っていましたか?


例えば、塗装工事に重要な塗料・外壁材だけでも何十種類もあり、塗装の工法だってたくさんあるんです。


業者側で足場や塗装に使う道具などをレンタルしているか自前で持っているか、ベテランの職人さんが多いか素人の職人さんが多いか。


このように、外壁塗装をしようと思うと、本来であればたくさんの情報を、あなた自身で事前に得た上で業者選びを進めなければいけません。


こういった情報一つ一つが、外壁塗装のお金に関わる事だということと、業者側で自由に価格や金額の調整が行えるので、言ってしまえば業者の考え方次第で、塗装の費用は高くも安くもなります。


初めて塗装工事をする方、訪問販売が来た方は特に、業者と比べて知識が圧倒的に少ない状態の為、業者の都合のいいように話を進められてしまい、無駄なく適正な費用で、最小限の出費で塗装を行う事が難しいんです。


1社だけに話を聞くのではなく、最低2〜3社からは話を聞き、まずはあなた自身で塗装工事のお金に関しての知識を得てもらったり、見積もり体験をしてほしいと思っています。


業者からどんなに急かされても、すぐに工事をする必要がない事がほとんどなので、焦らずゆっくりとあなたのペースで進めてほしいです。

これが知りたかった!外壁塗装工事で30坪の費用相場を徹底解説

最後に…

ここまで読んでいただきありがとうございます。
外壁塗装が30坪の場合について説明させていただきましたが、分からない事などはありましたか?
不明点やもっと知りたい事があれば、いつでも私たちへ気軽にご相談フォーム・お電話にてご連絡くださいね。
屋根・外壁塗装をする上で大切なことは、地元の優良業者を選ぶことです。
塗装業はお客様が一番騙されやすいと言われている業種なので、この情報があなたにとって安心・納得のできるものになれれば嬉しいです。
外壁塗装をする前に30坪の家の塗装をしてもらうにはどうしたら…

誰だって初めてのことには不安を覚えるものです。

私たちのような中立の立場である無料サービスを活用いただき、塗装のアドバイス・サポートで安心できる外壁と屋根の、塗装をお手伝いできればと思っています。
※外壁塗装コンシェルジュとは

失敗しない地元の優良業者選び、見積もり金額の適正診断など、全て無料で承らせていただいているので、お気軽に連絡をいただければ嬉しいです。

お急ぎの場合は、0120-164-917(24時間受付中)0120-164-917(24時間受付中)に電話をかけていただければ、待たずにすぐ相談ができるので、電話口で「外壁塗装の相談がしたい」とお伝えください。
初めての人でもカンタンに優良業者を選べます。最大3社をご紹介。

これが知りたかった!外壁塗装工事で30坪の費用相場を徹底解説

外壁塗装の費用|最新2018年版!塗装のプロが解説!

ホーム見積り

いざ外壁塗装をしようと思い立ったとき、“いくらかかるのか”は気になるところですよね。外壁塗装は、生涯で何度も買うものではないですから、「いくらかかるのか、検討もつかない」という方も少なくないことでしょう。


いくらかかるか、ズバリお伝えしてしまうと、外壁塗装の費用相場は、80~150万円(一般的な2階建て住宅/塗り面積200㎡)と言われています。


ただし、こちらはあくまでも相場価格。外壁塗装の費用は、例えば、住まいの大きさや塗装に使う塗料の種類、住まいの劣化の進行具合など様々な要因によって大きく変動するため、上記より高額になるケースもあれば、上記より低く抑えられるケースもあります。


そのため、外壁塗装の費用相場をより正確に掴むには、総額だけでなく、さまざまな観点で多角的にチェックするのがオススメです。それでは、具体的にどのような観点をチェックしていけばよいのでしょうか。下記よりご紹介してまいります。


目次

外壁・屋根塗装の費用を知りたい方はこちら!5種類のお見積をご提出(無料)

外壁塗装の費用|最新2018年版!塗装のプロが解説!

4-1.大幅値引き

「今すぐ契約してくれたら半額にします」などと言われると、うっかり心を動かされそうになりますが、最初の見積額よりも大幅な値引き額を提示してくる業者には注意が必要です。外壁塗装には、塗料代や工事代(人件費)、足場代など、一定以上の費用がかかるため、そう簡単に大幅値引きができるはずがないのです


大幅値引きをしたように見せかけて、実は、最初に提示した見積額をありえないほど高額に設定しているだけかもしれません。あるいば、本来1週間かかる工程を2~3日で終わらせていたり、使用する塗料の量を規定よりも減らしていたりと、一般消費者にはわからないよう巧妙に工事品質を下げて割り引いている可能性もあります。


心ない業者に騙されないためには、大幅な値引き額を提示された時に「なぜ安くなるのか」という視点をもつことが重要です。

外壁塗装の費用|最新2018年版!塗装のプロが解説!

5.外壁塗装の見積書をチェックする際に、見るべき4つのポイント

実際に見積書を手にしたら、下記項目をチェックしてみましょう。一つでも不明点がある場合には、業者に説明を求める必要があります。


 


チェックポイント①|塗料メーカー名&商品名が明記されていますか?


たとえば同じシリコン塗料でも、メーカーによって価格が異なります。またシリコン樹脂の含有量や化学結合の強さなども、各メーカーによって違いがあるため、品質にも差があります。そのため「シリコン塗料」という記載だけでは不十分。どのメーカーの何という商品を使用するのかまで明記されている見積書の方が間違いありません。


チェックポイント②|塗装面積が「㎡」表記になっていますか?


塗装面積(どれぐらいの範囲塗装をするか)は、塗布量(使用する塗料の量)を算出するために必要な数値です。つまり塗装面積が㎡単位で記載されていることは、きちんと塗布量が算出してある証でもあるのです。


 チェックポイント③|使用する塗料の缶数が明記されていますか?


塗料の缶数は、つまり「どれぐらいの塗料を使用するか」ということを意味しています。使用する塗料の量は、各塗料メーカーによって決められており、規定量より多くても・少なくても施工不良につながる可能性があります。

外壁塗装の費用|最新2018年版!塗装のプロが解説!

プロが教える外壁塗装の費用相場について2015/02/10

プロが教える外壁塗装の費用相場について外壁塗装の達人 | 都道府県別で塗装店の費用や特徴を比較出来る!!

2015/02/10

外壁塗装の費用相場のお話ですが、一言で申し上げるのが大変難しいテーマです。


例えば、お家の状態が良く、築10年位で塗装プランを立てていらっしゃる住宅というのは、工事の項目が少なく、メーカーさんが言っている様な「教科書通りの塗装」をやれば出来る塗装工事内容になるので、こういった家ばかりでしたら相場はわかりやすいです。


ですが、外壁や屋根の状態が悪いと、それに伴って工事の項目が増えてきますので、費用は膨らんできます。


とは言っても、塗装費用を決める大きなポイントがありますので、わかりやすく解説していきたいと思います。


目次

3467

プロが教える外壁塗装の費用相場について

費用を抑える為に値引きは有効でしょうか?

外壁塗装の費用相場を知りたいお客様は、もちろん「安くて良い工事」を希望されていますが、大幅な値引きには注意が必要です。


 


全ての訪問販売業者さんに当てはまるワケではないのですが、最初に250万円位のお見積りを出してくる業者もいます。


「今決めれば100万円費用値引きしますよ」とか言ってくるんですが、どう考えてもおかしい事ですよね。


基本的に費用を抑えようとするお気持ちも分かりますが、普通の外壁塗装会社にも値引きを迫らない方が良いと思います。


何故かといいますと、例えば、その外壁塗装工事で行う項目が30項目あった場合、お客様から無理な値引きを迫られている場合、やらなければならない30項目を28項目にしてしまうんです。


どこか「お客様には見えない部分」で、工程を抜いてしまう会社もあると思います。


ですので、無理な費用交渉の場合、弊社では「他で頼んで下さい」とお断りさせて頂きます。


適正な工事をしようと思うと、それだけの費用がかかってくる事をご理解頂きたいと思います。

プロが教える外壁塗装の費用相場について

費用相場を3パターンでわかりやすく解説します。

私達はプロですので、工事費用を聞いただけで、その工事がどんな工事かが分かってしまいます。


 


例えば、


1・80万円の外壁塗装工事といえば、「色がついて綺麗になれば良い」というレベル。


2・100万円〜120万円でしたら、「家を守る塗装」のレベル。我々が思う普通の塗装工事はこの価格帯です。


3・120万円以上150万円未満になると、特殊塗料やグレードの高い塗料になりますので、普通の工事でしたら、120万円以上になる事はあまり無いです。※しかし弊社ではここが一番多い価格帯になります。※特殊塗料とは、「ガイナ塗料」や「光触媒」、「防水塗料」「フッ素無機」等を指します。


30坪から35坪位の一軒家でしたら、この費用相場はそう前後しません。


80万円前後の塗装費用というのは、「色がついて綺麗になった」という美観目的の工事です。


100万円を超える工事になると、「お家を守る」外壁塗装工事に変わってきます。


どんなに小さな住宅でも80万円前後の外壁塗装工事と言うのは、美観上だけの工事と思って頂ければわかりやすいかと思います。

プロが教える外壁塗装の費用相場について

塗り面積の「算出計算式」は有効か?

事前にご自分の家の外壁の「塗り面積」を延べ床面積から下記の様な計算式で算出していらっしゃるお客様もいらっしゃいます。


 


【延坪 ✕ 3.3 ✕ 1.2 = 塗り面積】


※延坪とは、建坪が30坪の場合、ざっと1階と2階で60坪ですので、60を入れます。


※塗り面積とは、外壁から窓等の塗装しない面積を除いた面積の事です。


この計算式で、かなり近い数字まで塗り面積を出す事は出来ると思います。


しかし、我々が実際に現場を見て測定する「塗り面積」は、建坪とか延べ床面積とかは、本当は関係無いんです。


材料を頼む際には、きちんとした平米数分しっかり頼まないといけませんし、測定を誤って実際の塗り面積が広ければ、塗料が足りなくなります。


ですので、シッカリと塗り面積を時間をかけて採寸してくれる業者が良いです。

プロが教える外壁塗装の費用相場について

悪徳業者にだまされずに地元優良店を無料で探す秘訣

 


外壁塗装は一度の出費としては非常に高額で、できるだけやすくしたいという方が多くいらっしゃいます。


しかし、安全性や品質の高い工事にするため、ある程度の予算は必要で、はぶいてしまうと返って損をしてしまう可能性が高いのです。

それでもできるだけ外壁塗装工事を安くしたいという方がいらっしゃいましたら、外壁塗装駆け込み寺では予算などをヒアリングした上で適切な工事業者を無料でお伝えしておりますので、どうぞご利用ください。
facebook18twitter0hatenagoogleあなたの街の相場を適正診断!

外壁塗装の予算がなくても絶対にやってはいけない8つの事- 外壁塗装駆け込み寺

外壁塗装の目的②:外観を美しくする

ご自身がお住いの建物は、いつまでも綺麗であって欲しいものですよね。


建物の寿命を伸ばすことの他に、外観を綺麗にするといった目的があります。


しかし新築で購入した頃の綺麗な外観でも、10年ほどで紫外線による色落ちや色あせ、汚れなどにより見た目が悪くなってしまいます。
また、長年同じ住宅に暮らしていると、シンプルな外壁の色に飽きてしまうこともありますよね。


外壁塗装をすることで新築の住宅のように綺麗にすることも、今までとは違った色にイメージチェンジすることもできます。

外壁塗装の費用相場とポイント | リフォーム・修理なら【リフォマ】

費用の内訳:外壁塗装の費用は、様々な要素から構成されています

ここまで外壁塗装をする目的や必要性を確認しました。


外壁塗装が住宅の保護や見た目といった点からも必要なことはわかっていても、いざ施工を依頼するとなると気になるのは費用ですよね。
外壁塗装の費用は様々な要素から構成されており、初めて依頼をする人からするとわかりにくく不透明に感じてしまうものでもあります。


ここでは外壁塗装費用の内訳を説明します。
どこの部分にいくら費用がかかっているのかを理解し、予算を見積もる際の参考にしましょう。
また、依頼する前にご自身で知識をつけ、信頼できる施工業者と悪徳業者を見分けられるようになることも大事です。

外壁塗装の費用相場とポイント | リフォーム・修理なら【リフォマ】

遮熱塗料/遮熱断熱塗料

これらの塗料は遮熱性、断熱性といった付加機能を持っているため、他の塗料よりも高単価です。
耐用年数も15年ほどですので、高耐久の塗料と言えます。


遮熱塗料は外からの熱を遮断するため、夏でも室内の温度上昇を抑える働きを持っています。
しかし、冬には室内の暖かさを外に逃がしてしまうというデメリットがあります。


遮熱断熱塗料は、遮熱性と断熱性を持ち合わせた塗料です。
したがって夏は室内の温度を抑え、冬には室内の温度を外に逃さないといったメリットがあります。


これらの塗料は太陽からの熱を遮断する働きがあるので、屋根も一緒の塗料で塗装することでさらに高い効果が期待できます。

外壁塗装の費用相場とポイント | リフォーム・修理なら【リフォマ】

足場の設置

外壁塗装をするためには足場の設置が必要です。
足場の価格は1㎡あたり700円~1000円程度ですので、一般的な30坪ほどの住宅なら15万~20万円ほどです。


足場代だけでも費用は高額になりますが、外壁塗装の作業を行う上で足場の存在は非常に重要だということを理解しておきましょう。


上から職人が吊り下がって塗装を行う、ブランコ塗装という方法があります。
これは足場の設置が必要なく、費用を抑えることができる方法ですが、通常の住宅を塗装する場合には推奨されていません。


そもそもブランコ塗装は足場をかけられないビルなどの高い建物を塗装するための方法であり、足場の上で作業をするよりも安定性に欠けるため、仕上がりの質が劣ります。
2.3階程度の普通の住宅はもちろん美観も大切ですので、足場をかけてしっかりと塗装をしてもらいましょう。

外壁塗装の費用相場とポイント | リフォーム・修理なら【リフォマ】

コーキング補修

サイディング外壁は、複数のサイディング板が貼り合わせて作られています。
サイディング板の継ぎ目は目地と呼ばれており、目地の部分はゴム状の物質で接着されています。
そのゴム状の物質がコーキングです。


コーキングの働きは隙間から水が浸透することを防ぎ、内部の外壁材を守ることですので、劣化してしまうと様々な悪影響が出てきます。
コーキングは主に紫外線によるダメージで劣化します。


具体的には、「肉やせ 」、「剥離」といった状態になってしまいます。
肉やせとはコーキングそのものがやせ細ってしまう現象で、剥離とはコーキング剤が外壁から剥がれてしまうことです。
どちらの現象もサイディング板の目地に隙間ができ、雨水が入り込んでしまいます。
コーキングの劣化を放置しておくと、内部の外壁材が腐食してしまうことがあるので、外壁塗装の際に補修してもらいましょう。

外壁塗装の費用相場とポイント | リフォーム・修理なら【リフォマ】

施工事例2

before
after

・リフォマコメント


兵庫県川西市の事例です。お客様は外壁塗装の依頼を決めてから、どの塗料を使用するか悩んでいました。
初めは一番使用されていると言われる、コストパフォーマンスが良いシリコン系塗料を選びましたが、最終的にはラジカル塗料の「パーフェクトトップ」に決めました。
この家に長く住むことを考えて、多少高価でもグレードの高い塗料を選んだということです。


シリコン塗料とラジカル塗料の単価の差は、1㎡あたり2000円~2500円ほどです。
一例として塗装面積が120㎡の場合、シリコン塗料ではなくラジカル塗料で塗装をすると、30万円~24万円ほど高くなります。


長年に渡り住まいを大切にしたいという理由から、耐用年数が長いハイグレード塗料も人気が出てきています。
予算に余裕がある方はぜひご検討してみてください。

外壁塗装の費用相場とポイント | リフォーム・修理なら【リフォマ】

関連リフォーム・修理

緑色の藻が外壁についてしまい、薄く緑色に染まるようになってしまうことがありますが、これを防いでくれる防藻の効果がある塗装があります。


外壁に生えてしまう黒カビが発生すると見た目も悪いものですが、この黒カビの発生を防いでくれる、防カビの効果がある塗装があります。


真夏になど住宅の中の温度の上昇を抑えてくれる、遮熱効果、断熱効果がある塗装です。外壁には日射しがあたり、住宅の中の温度をとても上げてしまいますが、その熱を遮断したりしてくれる効果があるのです。


太陽の直射日光が塗装された外壁にあたることで、セルフクリーニング効果、消臭効果などが生まれる光触媒塗装です。この光触媒塗装は、半永久的に効果が持続します。

▲「何を選べばいいの?」 外壁塗装の機能比較・オススメ商品

外壁塗装の費用相場とポイント | リフォーム・修理なら【リフォマ】

リフォマあんしん保証

修理保証無料


リフォマあんしん保証」なら
リフォマからご依頼いただいた20万円を越えるリフォーム・修理は、工事中・引渡し後1年間の修理保証が無料で付くため安心して工事依頼ができます。


3分で
かんたん入力

外壁塗装の費用相場とポイント | リフォーム・修理なら【リフォマ】

足場設置

足場設置は外壁塗装に必ず必要な工程だ。着工初日から1~2日ほどで足場の架設を行う。安全確保のために組み立てる。足場設置には多くの費用がかかる。どうしてそんなに費用がかかるのかは下記の記事を読んでほしい。

過去のおすすめ記事:足場の価格相場で9割の人が騙されている

業者がよく「足場設置代はサービスしますよ」と言って見積もりでは無料にする事があるが、足場の設置はコストがかかる作業で、これを無料にする事は通常ありえない。必ずその分塗料代か他の見積もり内訳に費用が充てられているので、業者が言う足場代無料という言葉は信用しない事だ。1㎡あたりの相場は下記のとおりだ。 足場設置の価格相場は1㎡あたり600円~800円

あなたの家の外壁塗装の価格相場がわかる30事例

一般塗装工事

塗装は外壁と屋根だけではない。代表的なものとして「雨どい」「軒天」「破風」「シーリング張り替え工事」なども塗装を忘れてはいけない。 雨どい や軒天、破風なども劣化するので、同じタイミングで塗装をするのがよい。


なぜなら足場を組むだけでも結構な費用がかかる。もし数年後に「雨どい」 だけ劣化のため塗装しようと思っても、足場代が都度とられる事になるからだ。 長期的にみれば「雨どい」などの付帯部分の塗装を同じタイミングで 行なった方がコストも安くすむのだ。


見積書のサンプルは理解を深めるために、「雨どい」「軒天」「破風」「シーリング張り替え工事」それぞれに金額の明細をだしているが、「その他工事一式」として見積もりをまとめている業者も多い。その場合そのまとまった金額が正しいのかどうかも下記で説明する相場で比較してみてほしい。

あなたの家の外壁塗装の価格相場がわかる30事例

大久保 篤史

その名の通り「行列のできる外装コンサルタント」である。当サイトの専属シニア相談員。これまでに訪問したリフォーム店は300を超える。独自の視点やお客様の事だけを考えた総合的なアドバイスに定評があり、個人のお客様からの相談が毎日殺到している。


※いきなり業者から電話がかかってくる事はありませんのでご安心ください。稀に弊社より確認のご連絡をする場合がございます。


※ご入力は任意ですが、全国相場の控えと営業情報満載の小冊子を今月末までのキャンペーンで無料でお送りしておりますので、ご入力いただく事をおススメします。


次ページで「業界事情ネタバレ」小冊子をプレゼント中(※日まで)

あなたの家の外壁塗装の価格相場がわかる30事例

外壁塗装の費用っていくら?相場を知らない人が不安になる前に見るべき全情報

全国対応見積もりの無料相談ダイヤル(24時間受付中)

0120-164-917
トップページ連載記事費用

外壁塗装の費用相場を知らないと、悪徳業者に騙される可能性が高まります。


「費用相場を知らないだけで騙されるの?」と思われますが、外壁塗装の費用は業者ごとで計算方法が異なるため、3社見積もりをしたとしても全て同じになることはありません。実際に複数社で見積もりをして頂くと本当の事だとわかってもらえます。


外壁塗装の費用相場を知っているか知らないかで「失敗」にも「成功」にもなるので、費用に関係する知っておきたい知識を一緒に見ていきましょう。


このページで分かること・身につくこと外壁塗装の費用相場を知る事で、初めて外壁塗装をする方でも、お金の不安なく進める事ができるようになります。

外壁塗装の費用っていくら?相場を知らない人が不安になる前に見るべき全情報

外壁塗装の費用相場

坪数面積費用相場
20坪79.2㎡50万以上〜
30坪118.8㎡65万以上〜
40坪158.4㎡90万以上〜
50坪198㎡105万以上〜
60坪237.6㎡125万以上〜
※シリコン塗料・サイディングボードで求めた費用相場です。

よく一般的な例えとして、約30坪の建物の場合で費用相場が出されていますが、30坪でも60万前後の費用相場となっています。


一戸建て住宅の場合は、約60万前後はかかると覚えておくと便利です。


しかし、費用相場が分かっただけでは、まだまだ心配です…。
ここより下は費用に関してより詳しく理解できるようになる情報を書いていくので、一緒に見ていきましょう。


外壁塗装に初期費用ってあるの?外壁塗装において初期費用がある場合があります。例えば、業者ごとによって違うのですが、支払い方法を工事前に20%工事中に40%工事後に40%など工事前にいくらか支払う形の場合、初期費用としてお支払いただくこともあります。

外壁塗装の費用っていくら?相場を知らない人が不安になる前に見るべき全情報

外壁塗装の費用を出すために必要な項目って何があるの?

外壁塗装の費用を出すためには、塗装に必要な項目を一つ一つ、それぞれを計算し合算して出す必要があります。


では、外壁塗装の費用を出すための項目にはどんなものがあるのでしょうか。


以下に、外壁塗装で必要な項目を並べてみます。














仮説足場 高圧洗浄 養生 飛散防止ネット シーリング(コーキング)
下地処理(ケレン) 下塗り 中塗り 上塗り 廃棄物処理

このように、外壁塗装ひとつとっても様々なものが必要。


業者ごとで単価(設定している値段)が違うので、項目ごとの単価相場も知っておくと、費用に対して知識が付くので悪徳業者に騙されなくなります。

外壁塗装の費用っていくら?相場を知らない人が不安になる前に見るべき全情報

一式でまとめられた見積もり





















項目 面積 平米単価 合計
足場 一式 80,000円
飛散防止ネット 一式 40,000円
高圧洗浄 一式 50,000円

危険信号!全部の項目に対して「一式」と書かれて詳細な面積や単価が書いていない見積もりは信用してはいけません。優良業者であれば、お客様のためにならないことはしないため、きちんと面積・単価も書いてくれます。

外壁塗装の費用っていくら?相場を知らない人が不安になる前に見るべき全情報

面積をきちんと図った形跡がない見積もり
















項目 面積 平米単価 合計
足場 100㎡ 80,000円
下塗り(シーラー) 50㎡ 90,000円

危険信号!厳密に面積を図ると、切りがいい数字はあまりありません。しかし、このように切りが良い数字ばかりで計算されている場合は、きちんと現地調査をして図っていない事があるので、注意が必要です。

外壁塗装の費用っていくら?相場を知らない人が不安になる前に見るべき全情報

詳細が書いていない見積もり











項目 面積 平米単価 合計
外壁塗装 1,500,000円

危険信号!外壁塗装が◯◯円、屋根塗装が◯◯円など、全てをまとめて出してくる業者は論外です。塗装工事の見積もりは不正がしやすいため、こういった事が起きます。全てをまとめた金額で見積もりを出す業者には注意が必要です。


どの項目にどのくらいかかっているのか、どうやって計算されているのか分からない見積もりを出してくる業者が、実際にはたくさんいます。


こういった見積もりはお客様のためにもならず、いいかげんな仕事をしている証拠。


あなたの大切なお家の塗装です。いいかげんな見積もりを出す業者ではなく、適正でお客様のためを想って見積もりを作ってくれる優良業者を選びましょう。

外壁塗装の費用っていくら?相場を知らない人が不安になる前に見るべき全情報

外壁塗装の必要性

マイホームをお持ちのあなたであれば、いずれは外壁塗装をする時期が訪れます。


外壁塗装は、あなたのマイホームを守ってくれる鎧といえるものですが、この効果は永遠に続くものではありません。


外壁に塗る塗料には耐用年数と呼ばれる、塗料の効果が保てる期間が各塗料メーカーによって出されています。


耐用年数は外壁塗装においてとても重要なものであり、耐用年数が切れると以下のような事が起きてしまいます。


どれも、外壁塗装の効果が薄くなったり、無くなったりすることで発生した現象、つまり耐用年数が切れたことによる影響を受けています。


外壁塗装の効果はすぐに失うものではなく、日々受ける雨風・紫外線・ホコリなどの自然環境が発生させるダメージの蓄積によって徐々に失っていきます。


外壁塗装がなぜ築10年前後で行う必要があるのかと言われる所以は、塗料の効果を保てる期間が最短でも2~3年、最長でも20年くらいしか保てないからなんです。


そのため、築10年前後を目安にして、外壁塗装を行う必要が出てきます。

外壁塗装の費用っていくら?相場を知らない人が不安になる前に見るべき全情報

外壁塗装をする事で得られるメリット

外壁塗装をすることで得られるメリットには、以下のようなものがあります。


一戸建て住宅で外壁塗装を行う一番のメリットは、最後の「あなたもご家族もストレスなく快適に過ごせるようになる」という点です。


毎日暮らす家だからこそ、不安や悩みは一つとして持っておきたくないはず。


外壁塗装の効果が薄れると必ず何かしらの悪影響がで始めるので、築10年が経ったらご家族のことも考えると早めの塗装工事をオススメしたいです。


外壁塗装を失敗するとトンデモナイことに…。塗装工事はお金もかかるので、何度も頻繁に行えません。もし塗装工事に失敗して、1〜2年ですぐ剥がれる塗装をしてしまったら、その家で暮らすみんなが快適に過ごせずストレスを抱えることになります。外壁塗装のメリットを最大限に発揮する為にも、必ずあなたの地元の優良業者に塗装工事はお願いしましょう。

外壁塗装の費用っていくら?相場を知らない人が不安になる前に見るべき全情報

その他知っておきたい外壁塗装の費用:違約金について

外壁塗装において違約金といったものが存在します。


外壁塗装においての違約金とは、申し込み後に途中解約した場合、費用の何%かをもらうといったものですが、違約金を利用して費用を不当に徴収をする悪徳業者がいます。

実際に当サービスで優良業者をご案内させた頂いた埼玉県のW様も、当サービスを利用する前にこのような違約金トラブルに巻き込まれそうになっていました。

よくある手口として「ひとまず仮でお申し込みをしましょう。いつでもすぐ解約できるので」といったやり口で契約書をお客様に一旦書かせて、いざクーリングオフの期間がすぎる8日間をすぎた後に解約を申し出ても「契約上は解約すると違約金が発生するとなっているので、費用の何%かは頂きますね。」と。


このように、お客様側が不利になるやり方をする業者もいます。


違約金のトラブルに巻き込まれないよう、あなたが暮らす地元の優良業者に必ず塗装は依頼してほしいです。

外壁塗装の費用っていくら?相場を知らない人が不安になる前に見るべき全情報

一般相場との費用の違いをチェック新しい外壁塗装のカタチ『変わらない価格』

一般相場との費用の違いをチェック新しい外壁塗装のカタチ『変わらない価格』

















平均的な27坪のお宅 MK塗装工房 他社の相場
広告の価格
432,000円 330,000~598,000円
最終の見積り価格 432,000円 平均654,000円に
価格つき実績 毎月 例のみ

外壁塗装の「わかりやすい価格表」一般相場より34%安い総費用

ああああああああああああ

Uncategorizedの関連記事
  • 外壁塗装の価格と相場
  • 家の外壁塗装の費用は?
  • 塗装で家のイメチェン
  • 壁の塗装
  • 外壁塗装の金額とやる方法
  • 家の塗装方法
おすすめの記事
Uncategorized
「塗装に向いている季節はいつか?」に対する優良業者の回答 春と秋です。 春と秋ですね。夏でも施工のしやすさは変わりませんが、天候を考えるとや...
Uncategorized
 延べ床面積、使用塗料別の相場データ 各延べ床面積ごとの相場ページでは、使用塗料別、施工部位別に細かく価格相場を掲載しています。これを見る...
Uncategorized
4月と答えた方は1名、全体の0.2% 性別 年齢 地域 コメント 女性 28歳 京都府 気候がおだやかそうなので 500人に聞いた外壁塗装が...
Uncategorized
30坪の費用相場が分かったとしても油断はできない? 30坪のお家の費用相場が分かったとしても、まだ安心はできません。 相場はあくまでも一般的...
Uncategorized
建坪別各部屋の広さの目安 提案された間取りの各部屋の広さは適当な広さでしょうか?予算があるから30坪の家を考えています!と要望を伝えた場合は...
Uncategorized
4月と答えた方は1名、全体の0.2% 性別 年齢 地域 コメント 女性 28歳 京都府 気候がおだやかそうなので 500人に聞いた外壁塗装が...